ちょっとそこまで。 おでかけフォト、ご近所フォト

「ちょっとそこまで。」東京ツウなスナッパー、写真家こばやしかをるが紹介するまちの魅力と、カメラがあると楽しくなるフォトライフ。

東京まちまち#02

2016年6月4日(日)

なぜか、6月に入ってからカラッとした風が吹いている。
だけど確実に日差しは夏へ。
今日も眩しく夏模様。

f:id:kkrg-kawloon:20170605004224j:plain

原宿 竹下通り 日曜日は相変わらずの人出。

中学生の頃から友達と出かけた街。
様子はほとんど変わらないけど、今や多国籍になり人種が豊富。
「子ども」や「子連れ」も多い。
確実に街を訪れる目的が変わったであろう店が立ち並ぶ。

だけど、それも「流行」であることには変わらないのだけど。

 

f:id:kkrg-kawloon:20170605004228j:plain

路地裏には「あ、ここもお店なんだ」と思うお洒落な店構えが多い。

ここは美容室。

 

f:id:kkrg-kawloon:20170605004232j:plain

海外の方が多かったのでゲストハウスかと思うほど。
よく見たらカフェでした。

ここは昔、文化屋雑貨店があったあたり。
通称キャットストリート,旧渋谷川遊歩道路(きゅうしぶやがわゆうほどうろ)

 

f:id:kkrg-kawloon:20170605004235j:plain

竹下通りからすぐの裏道 ブラームスの小径

実は、わたしが20代の頃写真教室に通った道。
その教室はすでにないけれど、わたしが写真と太くつながった道。
このころと作品の「芯」は変わっていない。

 

f:id:kkrg-kawloon:20170605004238j:plain

ツツジがかわいらしい色で、柵のデザインが昭和だなぁ。

なんて思って。

 

見覚えのある街角が姿を変えていく。
後ろ髪を引かれるほどの思い出はないけど、わたしにとって写真との接点がここそこにあったりもする原宿。
ユーザビリティは人とともに変化する生きもの。
これからのために変わりゆくことを街自体は否定しないでしょう。

 

1964東京オリンピックー2020東京オリンピックにつながってゆく。

 

 

 

今日のまち

竹下通り公式マップ~原宿最新情報~

旧渋谷川遊歩道路 - Wikipedia(キャットストリート)

 

追伸:

まちにお出かけしたときに気ままに更新する予定です。

 

広告を非表示にする